親睦会

  • 2015.07.06 Monday
  • 14:04
7月3日は楽しみにしていた親睦会でした。

日ごろ違う曜日に来てくださっているお子様・お母様方が楽しく交流してくださったのではと
感じております。まずはくじで分かれたグループでご挨拶。
自己紹介代わりに、質問に答えていただくという形でスタート。
「お子様の好きな食べ物を紹介してください。」という質問から始まり
最後の「スマイルキッズからもし100万円プレゼントされ、自分だけで使えたらどうしますか?」
という質問の頃には皆さまが笑顔でうちとけてくださっていました。
七夕が近かったので、おりひめとひこぼしを親子で製作。
星の画用紙をはり、天の川を作るなど盛りだくさん。

その他、日頃教室でしている手遊びやフラッシュカード、
体操を保護者の方に見ていただきました。

それから、先生たちが夜遅くまで練習したペープサート劇。
みなさん夢中で真剣に見てくださいました。

途中、先生の演技がリアルすぎて、ネズミさんの登場では、泣いてしまうお子様も。
最後にはネズミさんも仲良くなって、みんな笑顔に戻りました!
帰りには自分たちで作った天の川をくぐり抜け、笹の葉を持ち帰りいただきました。
みんなどんな願い事をするのかな?


 

ママフェスにて・・・

  • 2015.06.25 Thursday
  • 16:13
「うらべ先生!」突然声をかけられたのは、先日のママフェスで汗をかきながら
セミナー会場をあとにして階段を降りたところ・・・。
30年近く前のご父兄にばったり。「先生!今娘と来てるんです。」と階段の上から
昔の面影を残したまま手を振り彼女が走ってきます。
Yちゃん?大きくなって。。。という年齢ではないかもしれないけれど懐かしさでいっぱいです。
20歳そこそこの私を「娘は先生のこと大好きだったから」と言ってもらえること。
本当に幸せな事だと思います。
今では小学生のママとなった彼女。面影を残しながらりっぱな社会人、そして母です。
最近その当時の卒業生に町で声をかけられたりFACEBOOKで
メッセージをよくいただきます。
人としても先生としても未熟すぎた。今、穴があったら入りたくなるようなあの頃の私ですが、
もしかすると若くて体力・気力・情熱にあふれていたあの頃、本当に一生懸命、全力で
すべての時間を生徒さんと向き合っていたのかもしれません。
未熟さは情熱でカバーできていたのか。
もしかすると若くてちょっと可愛かった?(笑い)のが良かった? 
私のファンは、あの頃の方が多かったのかな。人生の中で「私だからできること」
「あの頃の若さゆえにできたこと」がそこにもあったのだなぁと
気恥ずかしく嬉しく過ごした瞬間でした・・・。(感謝)


 

心に届く喪中はがき

  • 2014.11.28 Friday
  • 16:59
「あなたたち二人に会えたことがこの世で一番の幸せだった・・・・」
心に響く喪中はがきが届きました。

毎年この時期は、喪中はがきが届きます。年々自分の年を重ねていくとなおさら増えていくものです。
以前ブログに書いたことがありました。
お父様のなくなったときのこと本当に愛のこもったはがきだったと。
今年も残念なことにその方からのハガキでした。
今度はお母さまが亡くなられたと。

入院生活があったこと。
なくなる前に、弟さんと彼女にに「あなたたち二人に出会えたことがこの世で一番の幸せだった」と言ってくれたことがあったと。大きな愛情で育ててくれたこと。そして自慢の母であったということが書かれていました。

私は彼女のお母様に直接お目にかかったことはなかったのですが、20代のころから本当に
たおやかで 聡明 上品でおとなしさの中に芯のある 私が男ならお嫁さんにほしい女性NO1の彼女を
育てたご両親ですから、それはそれは素晴らしい愛情を注がれていたのだと容易に想像ができます。

自分自身、母が亡くなった時に喪中はがきも出すことをしなかった。
母が、自分が死んだことを伝えないでということを亡くなる直前に聞かされていた(あまりに悲しい理由だったのですが)
こともあり、私の筆不精もありで。。。

母もよく私たち二人の娘は本当に自慢の娘だと言ってくれていたのですが。

人生は瞬き一つ

最近よくそんな事を思います。
若いころ 本当にいい加減だった私を思い返します。(後悔はしていませんが)

キラキラ輝く人生の時間をみんな大切に過ごしてほしい。
今は仕事や活動を通して 自分が学んできたことでなにかできることがあるならば 惜しみなく
伝えたいと思う日々です。

まだまだ社長業も先生業も理事の仕事も最前線でしてはいますが

なにせ 浦部 怖い きつい の頭文字をとった UKK が社名ですから。。。


友人のお母さまのご冥福をお祈りしています。





 

学校説明会で

  • 2014.05.15 Thursday
  • 01:39
JUGEMテーマ:学問・学校
今日は箕面のM学園の塾向け説明会へ。
毎年いろいろな学校からご案内をいただきます。

東京書籍の国語の監修に関わっていらっしゃる先生が今年から校長に就任され
思考力 をのばす 発表力 コミュニケーション能力を伸ばす ことを大切にされたいという
お話をされておられました。


最近の小学校は 塾にむけて本当に大変だな。と毎回感じながら。
帰りには有名店のお弁当も配られ 本当に申し訳ないな。。。今はこんなことまでしないと
生き残っていけないんだなと(本当に多くの私学がこういう説明会を実施されています)

私学の入試広報にかかわる先生は 企業人であり 先生であり という両方をご経験されているんだなと・・・・
そういった先生方の対応やスタンスで、学校の先生方への研修体制や校長先生のお考えが
すごくみえるのは 研修業やコンサルを経験しているせいかもしれません。

さてさて
教室の生徒も何人か通っているので、そういった会に行くと必ず授業参観をさせてもらえます。
こどもたちの学校の様子がみたくて伺っているところもあります。

ちょうど 前日生徒の一人に 明日行くよ。。。と伝えたところ
え? ほんと? やったー  と言ってもらえました。

なんだかその言葉がとてもうれしくて(残念なことに今日会えませんでしたごめんね!)
やっぱり 生徒のいる教室で時間を過ごすことがやめられないところがあるのかなと。。

そのデメリットも企業人的にはないわけではないのですが。。。

はてさて、 先生って。。やっぱりありがたい しあわせな 仕事です。。。
明日は夕方まで 会社の社長業を
夕方から 先生業をしてきます。。。。。

先生って。。。だあれ? 

  • 2014.05.13 Tuesday
  • 12:03
JUGEMテーマ:学問・学校

昨日はまたもやはるか昔の教え子にばったり。
千里中央のお部屋を勉強会の会場として申し込みに。

今までスタッフに行ってもらっていたので初。
向こうのほうでマスクをしてじっと私を見ている人が。??

受付で名前を書くと、先生、覚えてますか。とマスクををはずしてくれました。
Mちゃん..?はいそうです。
多分15年以上ぶりかな。
彼女は早くにママになったけれどいつもあでもカワイイ女の子の印象が強かった彼女、かわらない。
で聞くと長男はもう大学生。
あーーー時のたつのはこわい。

そのご縁で、子育て支援や、コミュニケーション、
子育てコーチング等の講師登録をさせていただきました。

不思議です。
自分自身がすごくすごく子供で、とても未熟で。
今の何百分の一、程の知識もスキルもなく、
ただ情熱だけだった頃で出会った生徒たちとのほうが、
こんなふうに歳月を経て繋がっていくことの多さに。

最前線で生徒たちと向き合っていたというおかげではありますが。
組織を立ち上げ、多くのスタッフや先生方と昔と比べものにならないくらい自信を持って、
すごく素敵な教室を運営している今   以上に。。。

あの頃の私と向き合っていた子供達が〔いまはみな立派な大人ですが〕
私のことをおぼえていてくれること。
恥ずかしさと申し訳なさで一杯だけど
すごくしあわせです。

カリスマはいらないと決め、私の教室に来たら どのクラスどの先生に当たっても大丈夫と
言ってもらえる教室を目指している。
先生でないと。といわれることは失敗と。。考えすべての先生にスキルアップを求め
追及している  今。。。

そんなスタンスではなく、私だけの教室!だった時代。
懐かしいです。

ご自分ひとりで教室やセミナーを開いてる先生へ、
スキルは大切です。自分が成長し続ける努力も必要です。
学校で担任を持たされ新人で頑張ってる卒業生も含め・・・

例え若くても未熟でも、真剣に向き合った結果がこうして
人生の宝物の一つになってくれる日が来ます。

今 私が再会している卒業生とであった頃、私はキャリアなどないくせに
やたら自信家でいきおいだけの先生でしたから。

はじめに講師登録したときは会社で一番若い21歳の先生でした。
その後2年たって、本格的に毎日を担当するフルタイムでの先生業に。。
それでもたった23歳。
そのころに出会った生徒たち。保護者の方たちが 私を育ててくれました。

27歳で独立したとき、担当していた生徒さんと保護者の方が
私を追いかけてほぼ全員ついてきてくれてしまったことで、引き抜きさわぎになったりと
〔最終的にはちゃんと解決しました!〕
波瀾万丈時代。
でも、本当に楽しかった。
マンションの1部屋での独立。スタッフはハンティングした先生と私だけ。

自分の情熱と信念。生徒を思う気持ちだけしっかり持っていれば、
例え子育て経験のない若い先生でも大丈夫です。

組織の方針は変えられませんが、若い頃の情熱を
持ち続けたいと。
それ以上に、若くても未熟でもそんなすごい学歴がなくても
情熱のある若手
採用したくなりました。

先生なんて呼ばれるのはおこがましいと思っていた私は、自分のことを決して生徒の前で
先生はね。。。とは言わなかった。
あの頃の私を
今も先生って呼んでくれてありがとう。

人生終わるまで、例えせんせいやめても
あの頃のみんなのココロノナカのワタシはずっと先生なんだな〜。

何の先生でも先生と呼ばれる仕事をしてる人。
先生ってだあれ?  

とは言えないんですね!
生徒のココロノナカでは一生先生なんですね。

幸せでもあり、背筋をただしたくなるトコロデモ。。。。。。。

junko urabe


 

感謝状をいただきました

  • 2013.11.21 Thursday
  • 14:10
台湾玩具協会から感謝状をいただきました!

こどもたちの創造力をあげるために大人ができることや
生きる力のある子どもに育ってもらうために 先を読む力 空間認知力やイメージを豊かに持てる力
自己決定できる勇気を子供が持てるためにどんな声掛けやかかわりができるのかをテーマにひとつ

心豊かに子育てができる環境を作るために 私たちができることを考える
業界のかたがビジネス以外の場で
子供やこれからこどもを産み育てる家族を応援できるか
保育に携わる先生がたを取り巻く環境を応援できるかなどをテーマにひとつ

と2部の講演でした。

今回の1週間については少しだけベビーコーチング協会のアメブロに掲載しています。
とにかくあわただしい1週間でしたがとても実りある時間を過ごせました。

日本でも もっとこういった活動をしていきたいと願っています。
みなさん、どうか応援して下さい。

新聞や雑誌にでも取り上げてもらえたらもっと活動の幅が広がるのかしら?なんて
考えながらも、まずは地道に関西と関東で活動して少しずつ伝えていくことが大事ですね。



なにせ筆不精なため、ブログもさぼりがちでは発信できないですね。

さあ、仕事もこの活動も頑張っていきますね!

応援よろしくお願いします!




 台湾玩具協会理事長と こんな感じでちゃんと日本語で
  準備してくださっていました!



 

勉学の秋?いえいえ!

  • 2013.10.23 Wednesday
  • 11:38
秋といえば 勉強やスポーツの秋というイメージはありませんか?

いえいえ。確かにスポーツは運動会が終わったところですが、
実際9月10月に運動会を実施するために、幼稚園や小学校ではご父兄に見せるためにも
がんばって練習するのが夏休み明けすぐというところも多いものです。

子どもたちは残暑厳しい暑い9月に体力を使って運動会の練習を!

当然教室に来ると 眠くなったり 疲れていたり。

そしてやっと秋らしい(今年は一気に冬?という感じですが)季節になると
落ち着いて学習に本腰が入るかというとそれがまた???です。

学習発表会 音楽会 バザー チャリティー 遠足 修学旅行 おいもほり  などなど
行事が目白押しの2学期です。

わくわくの気持ちと 日頃と違うスケジュールで 結構疲れ気味。

さらに お稽古の発表会などがある場合も  バレエやピアノ ハロウィーンパーティー
男の子は サッカーや野球の試合と大忙し。

勉強では漢字検定も実施されたりするので
子ども達を思うと たまに もういいから ゆっくりしてねと言いたくなる。

私も 本を読みたいと思うのですが睡魔に襲われる秋!
ついでに おいしいものに手が出すぎて 太ってしまわないように要注意です。

子ども時代秋に目白押しの園や学校情事はよい思い出になる大切な時間です。

これも最高の学びの時間ととらえて 子ども達を見守ってあげるのも大切ですね。

さあ、私もクリスマス会のプレゼントを考えなくては。。(プレスクール生だけがクリスマス会が有ります)
 
JUGEMテーマ:学問・学校

2つのブログ

  • 2013.10.22 Tuesday
  • 19:36
 
こんなにブログ書き込み不精な私ですが実はもう一つ

正確に言うと2つブログのページを持っています。

一つはアメブロでbabycoaching のブログです。
おもちゃの使い方や知育教室のお話インストラクターの養成講座の件などはこちらに
書くことに。。。(ベビーコーチング協会のHPからもいけます!)

そしてこちらはスマイルキッズのHP内にある先生ってブログ。

書いている内容はどちらもどちらといえないのですが、できるだけ更新しようと
努力中です。

あと一つは全くのプライベート・・・
もう何年も更新できていません。
でもこれが一番のカウンター10000以上超えているのですが・・・そのままに。

たとえば教室の宣伝や、仕事の宣伝にとブログを始めるのですが
結局は私。。のブログになっているんですね。

なかなか広がりもなく時にやめてしまおうかと思おうと
たまに先生のブログ楽しみにしてます。。なんて言葉をもらうとやめられない。。。

発信するって難しいですね。

教室 説明会いっぱい予定しています。
1歳からの教室・託児・知育・リトミック・受験色々です。
みなさん宣伝よろしくお願いします!

こんなことに言うのは変ですが

たぶん私  いい人です!
絶対 うちの教室 いい教室です!
おもちゃの会社は 一生懸命子供にいいものを探しています。。。

こんな私にかかわる人たち みんなもっと素敵な人たちです。

もっともっとたくさんの人に知ってほしい。。。
心からの叫びです!



 

先生って。。

  • 2013.10.21 Monday
  • 16:35
 一人の方へのブログでひろみちゃんと連絡が取れました。
私のブログを見かけて何十年か前の卒業生がコメントをくれていました。FACEBOOKで連絡をくれました。

不思議なものであの頃の本人より大きな子供を持っているお母さんになっています。
私の中ではおかっぱ頭のひろみちゃんのままです。

SNSやブログなどの発達でもうずいぶんたくさんの卒業生とつながることができました。

突然くるメッセージは「先生??」と
覚えてないかもしれませんが。。私は・・・と

覚えているものですね。
こちらは写真を見てもわからないけれど名前はちゃんと覚えています!

そして毎回 毎回 あの頃の小娘だったころの先生は
本当に穴があったら入りたくなるくらい恥ずかしさでいっぱいになるのです。

そうです。先生ってすごいんです。
あんな小娘の私に お中元がきたとき;家族でびっくり!
(当時はそんなものが来るなんて思ってないところへ届け物がありどうしようかと、うろうろしてしまいました)
え??20過ぎたところの子供のような先生でも先生なんだと。。

そうです。だから子供たちとご父兄には誠実に真摯にならなければいけないのです。

年齢でもキャリアでもなく
大切なお子様をあずからせていただいている先生なんです。

初心 わするるべからず。
いつ卒業生にであっても恥ずかしくない生き方をしていたいとそう感じた最近です。

ひろみちゃんありがとう。

ごめんなさい! 一人の方へメッセージ

  • 2013.10.09 Wednesday
  • 15:32
 去年の11月のブログにコメントを下さったひろみさん?
コメントに気が付かなくてお返事ができていませんでした。
FACEBOOKで私を見つけてくれてもしかして浦部先生?と
飛んできてくださったとか。
そうですよ! ひろみちゃんというお名前の生徒さんはたくさんいらっしゃったので
思い浮かべています。
もしまた、ここに来ることがあれば気が付いてくださいね。

こんな風にブログやSNSをしていると懐かしい卒業生たちとすごくすごく
つながっていっています。
あの頃のことを覚えていてくれる素敵なつながりです。
もうあの頃の私の年をたぶん追い越しているであろう卒業生が私を覚えていてくれること
なんだか 生きててよかったなんてオーバーかもしれないけれど感じます。

自分自身が未熟な私が遠い昔先生として誰かの心に残っていること。
幸せです。

もしもう一度見つけたら連絡してくださいね。
教室は高英進学教室 スマイルキッズですよ!

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM